>  > 暇。それは風俗のシグナル

暇。それは風俗のシグナル

暇な時、それは自分では「風俗に行く時」だと勧化るようにしています。シグナルというと大げさかもしれませんが、他に何もやることがないなら風俗に行っておいた方が良いのかなと思うようになりました。楽しい時間は約束されていますし、それに忙しくて風俗に行けない時のために前もって行っておくのもありなんじゃないかなとも思うんですよね。風俗に行きたいけど、仕事が忙しいのでなかなか時間を捻出することが出来ない。そんな時もやってくるので、そういった時のためを思って暇な時に予め風俗に行くようにしています。それに暇な時って何もやることがなくて困りますけど、風俗に行こうって思ったらそこから忙しくなるじゃないですか(笑)ポータルサイトを見たりホームページを見たりして情報を集めて、その日出勤の女の子の中から自分好みの女の子を見つける…。それだけでも楽しいので、暇な時こそ風俗に行くか、あるいは風俗のことを調べるべきかなって思います。

激痛も吹っ飛んだんですよ

その日、足を怪我していたんです。普通にしていると別に痛くはないんですけど、触れると痛みが出るんです。でもそんな時でも性欲が湧いてくる。これぞ男の本能というやつかもしれませんが、せっかくなので風俗に行ってきました。痛みもあるものの、むしろこの痛みという現実から逃げたいので風俗に来たんですよね。その日はまさに自分の希望を叶えてくれる女の子でしたよ(笑)相手のEちゃんは相当上手でした。何が上手って彼女はローションの使い方がとても上手なのと、こちらが負傷している部分を触らずに、快感だけを与えてくれる女の子だったんですよね。そこに自分としても圧倒されました。ローションにしてもいきなり大量にはかけないんですね。適量から徐々に初めて行くんです。それが絶妙な匙加減で、こちらの感覚が途切れることなく、気付いた時には痛みなんて忘れて彼女に大量に発射していました。そんなこともあって最高に楽しめた一日になったんじゃないかなと。

[ 2017-01-12 ]

カテゴリ: 風俗体験談